賃貸選び、わたしが住んだ三つのアパート!

西向き物件は損ってほんと!?

私が現在住んでいる西向きのマンション。最初は日が入らないんじゃないだろうか、西日がキツくて夏は暑いんじゃなかろうか、その反対に冬は寒いのかしら!?なんて心配をしていました。いざ住んでみてどうだったかというと、とても快適。というのも、我が家は主人との二人暮らし。主人は仕事柄、昼から仕事に行くことが多いのです。わたし自身もそれに合わせた生活を送っているので、うちの朝はきっと他のおうちより遅めです。そうすると、西向きは午後からベランダにさんさんと太陽が届きます。少し遅く干しても、洗濯物はいつもカラリと乾きます。そして、西日がキツいなあと感じるのは、思っていたより短い時間。わたしはカーテンひいておけば気にならないので、西向き物件はさほど敬遠しなくても良いのかもしれません。

リフォーム済みの物件は文句なし!!

築年数は古くて、相応のお家賃。いざ内見に行ってみると、中は新築のようにピカピカ。そんな物件に出会えることがたまにありますよね。それがリフォーム済みの物件。家賃は変わらないのに、洗面台とキッチンが新品!ということも時々あり、こういった物件に出会えるとラッキーですよね。わたしも一度こういったリフォーム済みの物件に住んだことがありますが、これがなかなか快適でした。何より他の家より綺麗という優越感もありますね。どうせ借りるなら綺麗なほうがいいに決まっていますよね。

秘密基地感満載!ロフト付きの物件は…

小さいころから、男女問わず秘密基地はみなさんの憧れではないでしょうか。わたしはロフト付きの物件への引越しが決まったとき、秘密基地みたいだな!と恥ずかしながら心踊らせてしまったのですが、住んでみるとやはりあの適度な閉鎖的空間はとても落ち着くし、安心して眠ることができました。ただ、何度も頭をぶつけたり、寝ぼけて階段を踏み外してどきっとしたり…ということは何度かありましたが。ロフト付きに住んでみたいけれど、気になるのはやはり、ロフトの温度でしょうか。熱がこもり暑いことは暑いのですが、扇風機やクーラーでなんとでも調節できるので、工夫次第です。そして何より部屋がすっきり広く使えるという利点に勝るものはないでしょう。

旭川市の賃貸マンションは、マンションなので一戸建てのような面倒な手続きが特になく誰でも気軽に入居することができます。