方法はいろいろある!?開業する際の店舗物件の選び方

店舗物件を選ぶなら予算に合わせたものを

店舗物件を選ぶ際には予算に合わせた物件を選ぶようにしましょう。店舗物件の賃料はその土地の地価や立地条件などが大きく反映されますから繁華街の店舗物件の場合には高く、郊外の物件なら安くなります。準備資金が足りないという場合やできるだけ賃料を抑えて出店するのならば郊外の店舗物件を探すようにしましょう。郊外に店舗物件を借りた場合でも営業方法や宣伝次第では集客力を増やすこともできるのでハンデなどはありません。

居抜き物件を選ぶと初期費用が安くなる

店舗物件を探す上で同業者が営業していた居抜き物件を探すことで初期費用を安く抑えることができます。居抜き物件は前に使っていた業者が機材や内装などをそのままにしているケースも多く、それらを活用することで新たに機材を調達する必要もなくなります。また内装などにも特にこだわりが無いという場合にはそのまま開業も可能ですので内装工事を再び行う手間も省くことができます。飲食店などの場合には居抜き物件の件数が多くあります。

店舗物件は形態もいろいろ

店舗物件は住宅兼店舗になっている物件やマンションの一回部分が店舗になっている物件などその形態も様々です。広さも10平米の小さな物件から広い物件までたくさんの種類がありますからこれから出店するお店の規模に合わせた物をチョイスしてみましょう。また店舗物件を提供している不動産業者はかなり多く、その業者によって提供できる物件も異なりますので、出店場所を探す際には様々な不動産業者に出向き実際に物件の見学をしましょう。

皆さんの生活している環境を振り返ってみると、「店舗物件」がたくさん溢れかえっています。皆さんが食材を買うスーパー、食事をする御食事処、洋服を買いに行くショッピング施設などもそうです。